新宿店|スマホ高額買取!のバイヤーズ.COM

スマホ・ガラケー・タブレットの高価買取なら


スマホ・携帯買取バイヤーズ
総合窓口
総合窓口

Apple製品はアルコール消毒OK

[2020/03/10]

スマホ買取のバイヤーズ新宿店でございます。

Appleが現地時間の3月9日に製品のお手入れ情報を更新しアルコール消毒もOKとの説明が追記されていますのでご紹介させて頂きます。

 

 

新型コロナウイルス対策

Appleは製品のお手入れ方法を更新したのは日本でも感染の拡大が続いている新型コロナウイルスへの対応の為とみられます。

Appleは、これまで製品のお手入れをする際に洗剤類を使用しない事を推奨していました。

iPhoneなどのディスプレイコーティングに悪影響が出る可能性がある事からです。

しかし更新後のお手入れ情報には「70%のイソプロピルアルコールワイプやCloroxワイプをつかって、Apple製品の、ディスプレイ、キーボードなど、外装にある水を吸わない固い部分を拭き取ることができます」の文面が追記されています。

しかし現時点で日本版の案内ページに変更はなく、今後は日本でも追記される可能性があります。

 

 

 

さて追記分に聞きなれないCloroxワイプと記されていますが、アメリカでは馴染みのある次亜塩素酸ナトリウム入り漂白剤のブランドが発売している除菌用シートとの事です。

 

 

消毒の際には注意も必要で漂白剤や充電口などの開口部を濡らさないようにする事、当然ですが洗剤液に端末を浸す行為も禁止です。

また布やレザー製品には使わないようにとも記されています。

 

 

 

ディスプレイコーティングに影響は

製品のお手入れ情報の変更前にはディスプレイのコーティングに悪影響が出るとし洗剤類を使用しない事が推奨されていましたが、アルコール消毒で影響がないのでしょうか。

アメリカメディアThe Wall Street Journalのジョアナ・スターン氏は、消毒がディスプレイコーディングに影響を及ぼすかを実験。

Cloroxワイプで毎日1回ずつの拭き取りを3年続ける事を想定し新品のiPhone8で1,095回の拭き取りを行ったようですが、特に影響はなかったようです。

ガラスやプラスチック面に付着したウイルスは2時間から9日間程度は活動を続けるという研究結果も出ています。

スマートフォンなどは特に触れる機会も多く、今の時期は念入りに消毒を行う方が良いかもしれませんね。

 

 

引用元:Apple (US)

引用元:MacRumors

新宿店のブログ一覧

店舗一覧


買取商品一覧

格安sim徹底比較&解説