渋谷店|スマホ高額買取!のバイヤーズ.COM

スマホ・ガラケー・タブレットの高価買取なら


スマホ・携帯買取バイヤーズ
総合窓口
総合窓口

2020年の5Gスマホ出荷台数は約2億台、スマホ全体の15%との予測

[2020/02/22]

こんにちはスマホ・携帯買取のバイヤーズ.comです。

2020年の次世代規格5G対応のスマートフォンの出荷台数は2019年から10倍以上増加し1億9,900万台までになると調査会社のStrategy Analyticsが発表したそうなので紹介したいと思います。

2019年から10倍以上の伸び

2020年の5G対応スマートフォンの市場動向についてStrategy Analyticsは、2020年前半は新型コロナウィルスの影響で低迷すると予測するものの、感染症対策が確立すれば2020年後半には活性化するだろうと予測しています。

新型コロナウィルスの感染症予防が確立すればなのであくまで予測に過ぎません。今のところ収束の目途はたった言えない状況です。

Strategy Analyticsは2020年の5G対応スマートフォンのグローバル出荷台数は約1置く9,900万台で、2019年の約1,900万台から10倍以上の大きな伸びを記録する、と予測している。

スマホ全体の1%から15%に急成長する5Gモデル

スマートフォン全体における5Gモデルの割合は2019年の1%から2020年には15%へと拡大する見込みです。

一方、スマートフォン全体の出荷台数は、2020年は13億6,400万台と、2019年の14億1,300万台から約3.5%減少すると予測されています。

なお、調査会社Gartnerは先日、スマートフォン市場における5G対応モデルのシェアが2023年には50%を占めるとの予測をしているそうです。

確かに今までを見てみても3Gの次に4Gがすぐに出ましたが今では当たり前のように4Gのシェア率は相当高いと思います。

というかスマートフォン持っている人はみんな4Gじゃないですか?

5Gスマホの販売、90%は日本含む5ヵ国

2020年の5Gスマートフォン販売台数の9割は中国、アメリカ、韓国、日本、ドイツの5ヵ国に集中する、とStrategy Analyticsは予測しています。

秋には5G対応のiPhoneが

2020年秋には、5G対応のiPhone12の発売されると期待されています。

「iPhone12」にはQualcom製の5GモデムチップにAppleの自社開発によるアンテナが組み込まれると報じられているそうです。

source:iPhonemania

Photo:iPhonemania

渋谷店のブログ一覧

店舗一覧


買取商品一覧

格安sim徹底比較&解説