渋谷店|スマホ高額買取!のバイヤーズ.COM

スマホ・ガラケー・タブレットの高価買取なら


スマホ・携帯買取バイヤーズ
総合窓口
総合窓口

スティーブ・ジョブズ氏、存命なら65歳の誕生日

[2020/02/25]

こんにちはスマホ・iPhone買取のバイヤーズ.comでございます。

2月24日(日本時間では2月25日)はAppleの共同創業者スティーブ・ジョブズ氏の65歳の誕生日でした。

スティーブ・ジョブズはどういった人だったのか簡単に紹介したいと思います。

1976年にAppleを創業

1955年2月24日に生まれたスティーブ・ジョブズ氏は、1976年にスティーブ・ウォズニアック氏らとApple(当時はApple Conputer)を創業しました。

当時、コンピューターといえば業務用の大型装置だった時代に個人が家庭で使えるコンピューターとしてApple1、AppleⅡを発売して大きな注目を浴びました。

 

しかし1985年には、独裁的な経営と業績低迷の責任を問われ、自ら引き抜いたジョンスカリー氏によってAppleを追放されてしまいますが、なんとAppleの業績は更に低迷してしまったのです。

カリスマを失ったAppleをユーザーやファンに対してもショックな出来事だったに違いないでしょう。

Appleへ復帰、新商品の開発

1997年、倒産の危機に瀕していたAppleに復帰したジョブズ氏は斬新なデザインのiMacを大ヒットさせ、現在の成功へと続く道を切り開きました。

スティーブ・ジョブズ氏が率いるAppleが世に送り出した、iPod、iPhone、iPad、MacBookといった製品群、iPod、iPhone、iPad、MacBookなどのサービスはAppleが大企業になった現在でも同社の中核事業と成長しました。

2011年に56歳の若さで亡くなるまで、数多くの伝説を作り出したジョブズ氏はもし存命なら2020年2月24日で65歳でした。

天才やカリスマを持つ人には本当にわかりやすく若すぎる死が訪れますね。

やりたい事や構想はきっとまだ沢山あったに違いないです。

ティム・クックCEOがメッセージ

ジョブズ氏の後を引き継いだティム・クック最高経営責任者(CEO)は現在も折に触れて、現在もAppleにはジョブズ氏の魂が息づいていると語っています。

クック氏は「スティーブの誕生日に彼にひらめきをもたらした友情、情熱、そして彼の笑い声と喜びともに、彼を想います」とのメッセージをツイートしています。

source:iPhonemania

Photo:iPhonemania

渋谷店のブログ一覧

店舗一覧


買取商品一覧

格安sim徹底比較&解説