渋谷店|スマホ高額買取!のバイヤーズ.COM

スマホ・ガラケー・タブレットの高価買取なら


スマホ・携帯買取バイヤーズ
総合窓口
総合窓口

修理に出した端末がApple Store再オープンまで受取不可

[2020/03/22]

 

こんにちは。バイヤーズ.com渋谷店です。

いつもご覧頂きましてありがとうございます。

 

現在、世界のApple Storeは中国圏以外では無期限での閉鎖となっています。

ですが閉鎖になる直前に店舗へ修理を預けていた顧客は、Apple Storeが再オープンされるまで預けたデバイスを受け取る事ができなくなっているようです。

 

再オープンまで受取不可の状態

 

Appleは3月14日に世界の店舗を閉鎖するとしました。発表後には修理や注文用のデバイスを店舗で受け取れるように数日間の営業を行っていました。

ですが、このタイミングで店舗を訪れ、受け取る事ができなかった顧客も居たはずです。

そのタイミングを逃してしまった顧客が店舗に保管されたデバイスを受け取る為には、店舗が再オープンされるまで待たなくてはならないという状態です。

 

 

全てのデバイスが対象ではない。

 

あくまで、店舗に保管されたデバイスが受け取れないという状態です。

Appleの修理センターに送られたデバイスに関しては、通常はApple Storeに返却となりますが顧客に直接返送するようにしているそうです。

 

Appleは当初の発表では3月27日までの閉鎖としていましたが、現在は「追って通知があるまで」と期限を定めない内容に更新されています。

 

世界中に影響を与えている新型コロナウィルスですが、いつ頃落ち着くのかが分からない状態では、Apple Storeの再オープンまで長期間になる可能性もありますね。

 

source:MacRumors

Photo:MacRumors

渋谷店のブログ一覧

店舗一覧


買取商品一覧

格安sim徹底比較&解説